オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノ違法だと思ってる人多すぎ問題に答えを出します

投稿日:

オンラインカジノは違法なのか。
これはオンラインカジノを始めるプレイヤーの
だれもが気になる問題です。

日本ではギャンブルは国に認可されていないと
開帳することができません。

某玉入れとか某メダルを入れてリールを回す機械は
正式には認可されたギャンブルじゃないんですけどね、
なんでこんなにいっぱいあるんでしょうね、フシギダネ!

深入りすると危なそうなのでやめときます(笑)

しかしついに日本でもカジノが認可されたことによって
オンラインカジノも正式に認可される動きがあると
期待されています

オンラインカジノは違法ではない

オンラインカジノは違法ではない。
大事なことなので二回言いました

しかし、これには含みがありまして、
違法ではないが合法ではない
というのが現在の見解です。

どこかの知事の迷言でいえば
不適切ではあるが違法ではない
まさしくこれです

なんでオンラインカジノは違法でないの?

ギャンブルが違法となるには
違法賭博開帳罪というのを適用する必要があります
そしてこれを適用するには開帳している人間と
プレイヤー両方を摘発しなくてはならないという規定があります。

プレイヤーはすぐに確保することができますが、
開帳している管理人、つまりオンラインカジノを経営している
責任者を召喚するのには高い壁が存在しているのです。

オンラインカジノ自体は合法だから召喚できない

その高い壁とはオンラインカジノが
運営している国から高い金額をはらってかつ厳しい審査を
突破してライセンスを取得しているからです
ライセンスはこちら

なのでオンラインカジノは運営している国では
しっかりと合法で運営しているのでなにも法的に問題はありません。

でも日本でプレイしているからダメじゃないの?
という声が聞こえてきています

確かに日本でプレイしているのだからダメじゃんと思いがちですが
オンラインでプレイしているという特殊な状況ですので回避することができているのです

サーバーと呼ばれるネットでのサービスを配信している機械があります
このサーバーにアクセスして私たちはオンラインカジノをプレイしています。
画像

これがどういう意味を持つのかというと、
私たちが電脳を通じて海外にいってプレイしている
という判断になるのです

ギャンブルが合法な国ではプレイをしても合法

例えば、ラスベガスに旅行したとします。
そうしたらギャンブル好きとしては当然カジノに行って、
ブラックジャック
バカラ
ルーレット
などをたっぷり楽しみますよね。

そうして日本に帰ってきたらいきなり
海外でギャンブルしてきたよね?はい逮捕
とはならないですよね。

このことがオンラインカジノにも適用されているのです。
つまりオンラインカジノにログインしてゲーミングを
プレイしている間はギャンブルが合法な国にあなたは存在している
ということなのです
画像

まとめ

責任者を呼べず違法賭博開帳罪に問えない
合法国でプレイしている認識なので合法

ざっくりいうと以上のことから
オンラインカジノは違法ではない
ということになるのです

NetBanQ事件はどうなのよ?逮捕者でてたよね?

多くのニュースサイトで逮捕されたと書かれていますが、
これは大きな間違いでして、逮捕ではなくて任意の取り調べに応じた
というのが正しいです。

最近オンラインカジノを知った方は知らないかもしれませんが
二年前オンラインカジノ界隈を大きく揺るがす事件が起こったのです。
ある日突然プレイヤーが取り調べを受けたのです。

当時はもうおしまいだとプレイヤーが一気に減ったものですし
ブログを開いている人も自粛を呼び掛けたりしていました

なぜこうした事件が起きたかというと
NetBanQという入手金に使えるオンラインバンクがあったのですが
その会社が警察の間違いから取り調べが始まり、利用していたプレイヤーが
数人取り調べを受ける羽目になってしまったのです。

その数人がはやく帰りたいために略式起訴で罪を認め罰金を支払い帰宅となりました
しかしその中で一人が納得がいかないと戦いを始めたのです、

このことに関しては弁護士の津田岳宏弁護士のブログに詳細があります

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは私であった。

本件は,海外において合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノにつき,日本国内のパソコンからアクセスしたという事案である。

この形態の案件は,従前検挙された例がなく,違法なのかどうかがはっきりしない状況になっていた。

賭博をやったのは認めるが,そのような状況で不意に検挙されたのが納得いかない,というのがその人の言い分であった。

(中略)

結果が出たのは,間違いのない事実である。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

参考記事

麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ麻雀の話、法律の話。カジノ、賭博罪、景品表示法 etc.

一時期は危機感が強くなっていましたが
こうした一人の勇士のおかげでオンラインカジノが
違法ではなく安心してプレイすることができるような
追い風が吹いたのです

まとめ
賭博開帳罪にはひっかからない
オンラインカジノは違法ではない
ライセンスを取っているオンラインカジノを利用する

-オンラインカジノの基礎知識

Copyright© 2019年最新初心者にも安心な勝てるオンラインカジノスマホランキング「3star」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.